今までに月次決算書の説明を的確にできた会計人に出会ったことがありません

中小企業経営者は、常にヒト・モノ・カネについて常に悩んでいます。
そして、そのうちの68.1%の経営者が税理士・会計士に相談をしています。(中小企業白書2012より)
しかし、現実的にこれらに関して相談できる相手はほとんどいないのが実情なのです。

なぜなら、税理士といっても試算表を見てどこがポイントなのか説明するやり方を正式に教わったことがないからに他ありません。

知っていたとしても本で学んだ損益分岐点とか○○回転率とかのたぐいか、ソフトから出力された帳票をなぞるだけです。

これではいつまでたってもお客様である中小企業経営者の悩みは一向に解決されません。

この2つの質問に答えられるのなら、この手紙を読み進めるのは時間の無駄です

われわれ税理士法人古田土会計は、社員に徹底的に月次決算書を活用して中小企業経営者の悩みを解決することを強いています。

では、その中小企業経営者がわれわれ会計事務所に相談したい2つのことをお伝えします。

  1. どこに手を打てば利益が出るのか?
  2. 稼いだ利益をお金として残す方法とは?

あなたはあなたのお客様からいろんな悩みを相談されたことがあるでしょうけども、集約すると結局上記の2つなのです。

あくまで中小企業経営者が知りたいのは、
「今の会社の状況ではなく、これからうちの会社はどうすればいいのか?」
ということなのです。

過去と現状の分析ができたとしても、中小企業経営者の心の拠り所にはなりえません。
これから先どうすれば良いのかをアドバイスできる会計人こそが中小企業経営者の参謀役として活躍できるのです。

月次決算書を活用して中小企業経営者にアドバイスする「参謀役」にあなたもなれる

古田土会計に入社してくる中途社員がたとえ会計事務所業界経験者だったとしても、最初から中小企業経営者の悩みを解決できる社員は皆無です。

しかし、大学卒業し古田土会計に入社してきた社員でも1年後には、参謀役としてこれからどうすれば良いのかアドバイスできるようになります。

つまり、会計人が中小企業経営者に対して問題点と解決策を導けるか否かは、
いろんな指標を知識として知っているか否かではなく、
実践においてどう話を展開するかを知っているか否かなのです。

古田土会計の例からも分かるように、1年ほどの訓練を積めば立派な中小企業経営者の参謀役になれるものです。

月次決算書徹底講座に今すぐ申し込む

会計人に月次決算書活用の仕方を伝える会計事務所業界で唯一の講座

今では税理士・会計人向けにいろんな会社が商品・サービスを提供していますが、月次決算と試算表の説明・活用法に特化しているのは、本「月次決算書徹底講座」しかありません。

豪華講師を紹介します

古田土 満 (こだと みつる)

税理士・公認会計士。
税理士法人古田土会計 代表社員。
1952年生まれ。茨城県出身。

1,800社の中小企業経営者に数多くの経営指導をする税理士法人古田土会計を1代で築く。
その経験から終章企業が黒字化して利益を出し、キャッシュを貯めるには、経営者・幹部達が数字に強くなることが必要だと確信。
中小企業経営者がどこに手を打てば利益が出るかを理解する具体的な方法論として「古田土式 月次決算書」を開発。

年商5,000万円~10億円企業をメインターゲットとして顧問契約数を伸ばし、今では口コミ・評判だけで年100社の新規契約をする。創業以来31期連続の増収を達成し、日本有数の優良会計事務所となっている。

月次決算による会計指導と経営計画の作成指導は業界内でも有名で、多くの経営者から大絶賛を得ており、これまでの経営計画作成セミナーには、延べ2,000人以上が参加している。また、会計事務所向けにもこれまでに延べ5,000を超える月次決算書、経営計画書作成セミナーを開催している。

著書に『中小企業経営者は行列のできるラーメン屋を目指せ!』(秀作社出版)、『掃除・挨拶・計画で会社は儲かる』(あさ出版)、『ドロくさいけど必ず結果が出る!経営計画の作り方』(あさ出版)がある。

吉田 由美子 (よしだ ゆみこ)

社会保険労務士
株式会社古田土経営 専務取締役

日本一の新規開拓数を誇る古田土会計の中で毎年トップクラスの新規開拓件数を達成し続ける実力者。
その内容も全てお客様からの紹介からというほどお客様に愛されている会計事務所業界のカリスマ指導者。
お客様からの支持率100%の秘訣は、自称「数字に愛を日本一」というだけあり、徹底的に社長の夢を数字を使い導いていく力には圧巻。

会計税務の経験は30年以上に及び社会保険、生命保険の経験多面的なアドバイスも講評を得ている。
古田土会計所員の中でも一番の古株でもあり、古田土会計の全ての歴史を知る。
全ての困難を受け止め、着実に解決してきた実績から、古田土会計所員の母として所員からも慕われている。

税理士法人古田土会計が創業以来30年以上連続増収の秘訣

古田土会計の1年間の新規開拓件数は毎年100件を超えています。

しかも、営業活動は一切しないで既存のお客様からのご紹介によるものです。
そのため解約率も低く、売上高も開業以来30年以上連続増収を達成しており、今や約1,800社のお客様をお手伝いさせて頂いています。

売上高の推移グラフ

ではなぜ古田土会計が選ばれているのでしょうか?

それはやはり、愚直なまでに社員全員が「月次決算書」を活用しているからに他ありません。

実際に、新しいお客様がいらしゃる度に口を揃えてこう言われます。

今まで試算表の説明をされても、結局どうすれば良いのか全く提案も何もなかった。

月次決算に取り組んでいる会計事務所は増えつつありますが、新しいお客様に伺う限り「過去の分析」にしか過ぎません。未来会計と謳っている会計事務所または会計事務所を指導しているコンサル会社もありますが、「未来の予測」でしかしかないのです。これではいつまでたっても、中小企業経営者はどこに手を打てば利益が出て、どうすればお金を残せるのかが分からないのです。

つまり大事なことは、
どうソフトを使うのかではなく、どう説明するか
なのです。
古田土会計の経営理念の一部に

  1. (1) 原理原則にのっとった正しい経営をするように導く
  2. (2) 数字に強い経営者・幹部・社員を育てる

とあります。

この理念を実現できるように、毎年伝わりやすいように試算表を改良すると共に全会計担当者に月次決算書の使い方を独自の手法で伝え、担当者はそれを愚直なまでに実践し続けているのです。だからこそ古田土会計のお客様には、黒字にしようと熱心に取り組む会社が多いのです。成功までのポイントが理解した社長は嬉しさのあまり黙っていることができません。これこそが、古田土会計が口コミだけで毎年新規開拓できる秘訣なのです。

月次決算書徹底講座に今すぐ申し込む

参謀役になれる会計人となれない会計人との唯一の違い

税理士法人古田土会計の代表社員古田土です。

税理士として、2,000名以上の中小企業経営者に経営ノウハウの指導をしてきた経験をもとに、特に税理士をはじめとする会計人に対して、月次決算書を用いて中小企業の参謀役として顧問契約を続ける仕組みを構築することを得意としています。

会計人の最大の不安・悩みは、「いかにして中小企業経営者の良き相談役になるか」ということではないでしょうか?

会計事務所業界における競争は、以前と比べて非常に激しくなっています。もはや「税理士」・「中小企業診断士」といった資格を取得したにもかかわらず、この現実に多くの会計人が悩んでいます。

しかし、その一方で、上記のようにわれわれ古田土会計のように月次決算書を活用して、中小企業の参謀役として確固たるポジションを築き上げている会計事務所があるのも事実です。

今までに、多くの会計人に古田土会計のノウハウを存分に伝えてきましたが。しかし、このように参謀役としての関係を築けている会計事務所と、いつまでも試算表を持っていくだけの会計事務所には、どのような違いがあるのでしょうか。

それは、中小企業経営者に対するリーダーシップに触れ、実践したか否かです。つまり、正しい実践さえ知っていれば、行動するほど成果は上がります。

月次決算書を活用し参謀役になれる会計人の共通点として、月次決算書を作成するのをゴールと設定するのではなく、続けることを仕組み化していることが挙げられます。そして、こうした「げつじけっさん

最も重要なことは
「リーダーシップと月次決算書を繰り返し活用する仕組み」
ということなのです。

古田土会計の社員は、なぜ中小企業経営者の参謀役になれるのか?

もしかしたら、私古田土があなたに話すコンセプトやメッセージの大半は、あなたがすでに知っていることかもしれません。なぜなら、私から学んだたくさんの人たちが、私のコンセプトやメッセージ、メソッドを、書籍やセミナーほか、様々なメディアで世界中に広めているからです。それを受け取った人たちは、もしかしたら私がオリジナルであるということを知らないかもしれません。

もし仮にあなたが私のコンセプトを誰かほかの人を通して“全て”知っていたとして、それでも月次決算書徹底講座に申し込む必要はあるでしょうか?

もしもそのコンセプトがあなたの人生で役に立っていたなら、当然、その必要があります。私の複製コピーで効果があった人がオリジナルから学べば、もっと大きな効果が得られるからです。あまりの効果にあなたは思わず声を上げて驚くかもしれません。

それでは今まで他の誰かから学んだ私がネタ元のアイデアがあなたの役に立っていなかったとしたら?

もちろん、月次決算書徹底講座に参加する必要があります。なぜなら、古田土会計のメソッドをどうすれば本当に使えるようになるのか、なぜ今まで自分の問題解決に役立てることができなかったのか、私の話を聞き、メソッドを体験することで、あなたは知ることになるでしょう。

あなたは、月次決算書徹底講座で私から直接受け取ったメソッドに対して「なあんだ、そんなこともう知っているよ」とは思わないはずです。あるのはきっと「こういうことだったのか!」という感動です。「知っている」が「できる」になる喜びを知ってください。そしてまだ実を結んでいない過去の自己投資があるなら、ここで一気に回収してしまいましょう。

参加される前にお伝えしますが以下の方は本講座には向きません

  • 面倒くさいことはできるだけやりたくない方
  • すでに顧客基盤があり、お客様との関係性に全く困っていない方
  • 試算表を説明する意志の全くない方
  • 現状のまま安い顧問料でも生活できれば良いと思っている方

逆に、以下に該当する方には最適な講座ですから、是非ともご期待下さい。

  • 月次決算書を作ってはみたものの、どう説明していいのか分からない方
  • 使っているソフト任せではなく、お客様の要望に臨機応変に対応したい方
  • 経営分析の本を読んでみたが、実践においてどう活用すれば良いか分からない方
  • 申告業務だけでなく、お客様に対して付加価値のある仕事をし始めたい方

月次決算書徹底講座に今すぐ申し込む

月次決算徹底講座が提供する3つのサービス

月次決算徹底講座に申し込むと、このようなサービスが受けられます。

サービス1 月次決算徹底講座の受講

2017
8月 財務体質改善を指導できるようになる資金別貸借対照表

通常のB/Sはお客様はほとんど見ていません。会計事務所もお客様には損益のみしか説明できていないのが実状ではないでしょうか。「資金別貸借対照表」を使えばB/Sだけでは解説しきれない本当の財務体質を理解していただけます。そしてつぶれない会社にするための未来へ導けます。

9月 古田土式「決算前検討会」を基本から学べる編

古田土会計では決算の着地、来期の利益計画、資金計画を「決算前検討会」というイベントにしてお客様に提供しています。単なる数値の予測だけでなく、一緒に来期の対策まで立てる「仕組み」があります。お客様自身が納得できるノウハウを全公開いたします。

10月 利益計画・販売計画・資金運用計画の作り方(実践編)

ほとんどの中小企業経営者が勘違いをしている、正しい利益計画、資金運用表の作り方を伝えます。あえて手書きで計画を立て、考え方も同時にお客様に伝えるからこそ素人であるお客様でも理解をしていただけるのです、単なる数字の積み上げではない「ノウハウ」を教えます。

11月 経営計画書 方針編 基本方針の作り方

月次決算書を100%活かしきるために欠かしてはならないもの。それが経営の「魔法の書」とも呼ばれる「経営計画書(方針編)」です。経営計画書=利益計画と思っていませんか?経営の戦略を示す「基本方針」の考え方と作り方を理解していただきます。

12月 経営計画書 数字編の作り方 (理論編)

「経営計画書(方針編)」に基づいて、数字を作成するのが経営計画の正しい形です。では、具体的にどのように数字編を作るのか?あまり知られていない「正しい経営計画書 数字編の作成方法」を理解していただきます。

2018
1月 税理士法人古田土会計の経営計画発表会体感編

毎年、会場に700名以上集まる古田土会計の「経営計画発表会」。古田土会計の今後の戦略をすべて公開する1年に1度の決意の場です。代表 古田土満の想いと、それを受けて実施を約束する150名の古田土所員をぜひご覧ください。

2月 決算後および新規見込客に説明する「社長の成績表」とは

新規のお客様をご紹介いただいたとき、お問合せをいただいたとき、古田土会計ではまず決算書をお預かりして、「社長の成績表」という冊子を作り、独自の財務分析を行います。お客様が知りたいのは過去の分析ではなく、未来の自社の姿です。まず最初に何をお伝えすべきなのか、すべて公開いたします。

3月 儲けの仕組みを学べる
古田土版マネジメントゲーム1日研修編

お客様に「絶対に眠くならない研修」と喜ばれている経営シミュレーションゲーム。通常2~3日でやるマネジメントゲーム研修ですが、古田土版では1日で完結できるプログラムにしました。未来会計図の基本がゲームを通じて学べます。(この回のみ9:30~18:00で開催)

4月 高収益企業の作り方・
未来会計図表の活用を理解できる編

試算表だけで、本当にお客様に正しく損益を伝えられていますか?「古田土式未来会計図」は数字だけではなく、図・面積で損益を表現し、お客様が一目で理解できる形にしたものです。この図表の使用方法をぜひ習得してください。

5月 お客様に未来会計図表で
2時間「損益」をじっくり解説できる編

「未来会計図」を活用すれば、巡回監査のみをやってきた一般職員でも経営者の方に会社の事業構造や問題点、利益を出すためのアドバイスをすることができるようになります。幅広い業種の未来に対応できる活用方法を具体的な事例を含め、伝授します。

6月 未来会計図を活用したお金の儲け方

「未来会計図」を活用すれば、巡回監査のみをやってきた一般職員でも経営者の方に会社の事業構造や問題点、利益を出すためのアドバイスをすることができるようになります。幅広い業種の未来に対応できる活用方法を具体的な事例を含め、伝授します。

7月 社長に利益とお金の違いを説明する
キャッシュフロー計算書

利益とキャッシュの違いを理解できている中小企業の社長はほとんどいません。それをB/SとP/Lだけで伝えること、または年に1度の決算後のC/F計算書を使って説明しようとしてもお客様はすぐ忘れてしまいます。「儲けた利益はどこに消えたか」をお客様に簡単に説明できます。

  • ※本講座は、1年周期として毎年上記月に同じテーマで講師が話を説明します。

受講会場は以下の3種類

① 東京会場

税理士法人古田土会計
東京都江戸川区西葛西5-4-6
アールズコート1階セミナールーム
東京駅から東西線で17分、
駅から徒歩2分

② 大阪会場

ティーオージー貸会議室
大阪駅前第3ビル17階
大阪市北区梅田1-1-3-1700
大阪駅・梅田駅より徒歩4分

③ 自事務所・自宅にて

パソコンでも受講できるからいつでもどこからでも視聴できる
レジメまで添付

サービス2 本講座映像と社員向け勉強会の映像配信

月次決算書徹底講座は、あなたの事務所の中途社員向けの研修としても、あなたの事務所またはご自宅で受講できる勉強法、映像学習としても活用できます。これでもう東京等の首都圏のセミナーに何度も参加する必要ありません。
インターネットを利用した映像学習は、今や実施していない専門学校がないほど普及していますが、現役会計人向けの月次決算の通信講座は皆無です。

過去の古田土会計で行ってきたセミナーでは、「自分の理解度がまだまだなので、ついていけませんでした。」という受講生の方もいらっしゃいました。その点、会計事務所経営支援塾は映像配信もあるので、あなたの理解度に合わせたペースで繰り返し繰り返し学んでいただけます。

会計事務所向けセミナー(BS改善のポイント)

古田土会計社員向け勉強会(適正人件費とは)

お客様向けセミナー(経理合理化セミナー)

サービス3 完全個別相談体制によるフォローアップ(無制限)

われわれは本気であなたの事務所に月次決算書を活用できるようになって欲しいと願っています。だからこそ、情報を発信するだけの一方通行になってしまわないようにあなたを完全にフォローアップします。

できれば、実際のあなたのお客様の試算表を持参または送付してください。
そうすれば、われわれは実際にどうやって活用すれば良いのかをお伝えできますし、その会社にとってどこが問題で、なんとアドバイスすれば良いのかもお伝えできます。
(もちろん会社名を伏せていただいて構いません。)

フォローアップ① 講座後にマンツーマンフォロー

参加される講座の終了後に希望される方のみを対象として、完全個別指導をさせていただきます。30年の業界トップキャリアを誇る古田土から直接どこがポイントなのかをズバリお伝えします。目からウロコのアドバイスを受ける機会を思う存分活用してください。

フォローアップ② メールにてマンツーマンフォロー

メールに試算表を添付して、ご相談ください。メールにてあなたがどのようにあなたのお客様に伝えれば良いのかを明確にお伝えします。
※解答を映像データにてお答えすることもあることをご了承ください。

なお、実際の試算表の活用法のみならず、以下のようなご相談にも喜んで対応させて頂きます。

  • お客様からの質問に対する回答
  • 社員教育に関する相談
  • お客様へのプレゼンテーションのポイント
  • とにかく聞いて欲しいグチ

など

月次決算徹底講座の参加費用のご案内

古田土会計は年間に100名以上の会計事務所経験者が、中途社員として履歴書を送ってきてくれます。そして、そのうちの約半分は古田土会計のノウハウを身につけたいという思いを持っている方々です。

つまり、それほどまでして独立開業までに学ぶことが多い会計事務所として認知されていることに、古田土会計としては非常に嬉しく思っています。

この状況から考えると、会計人として一生使える月次決算書の活用ノウハウをを提供する金額は、古田土会計の月額の顧問料でも高い金額、具体的には10万円以上してもおかしくないのではないのかと思いました。

しかし、古田土会計のビジョンは日本中の中小企業を元気にすることです。
つまり、中小企業を元気にすることを志している会計事務所があるのならば、是非とも伝えたい。そして、わずか数名で運営している会計事務所にとっても負担にならない金額で開放することこそが、古田土会計の使命なのだということに気づきました。

参加費用

  • 入会金 0円
  • 月額 21,600円(税込)
  • ※1 お支払方法は、自動振替のみとさせていただきます。
  • ※2 最低1年間の継続契約を条件とさせていただきます。

金額としては、あなたが契約しているお客様1社の月額顧問料より安いくらいではないでしょうか?
1社分の顧問料をこの講座に費やせば、あなたの全てのお客様にその価値を還元することができるということを意味しています。
さらには、このノウハウを活用することによって古田土会計のようにお客様からの信頼が厚くなり、1社でも紹介を受ければ、それだけで十分ペイできるほどの金額だと自負しています。

月次決算書徹底講座に今すぐ申し込む

フォローアップのための4つの特典

特典1 古田土会計の経営計画書 (10,800円相当)

数字に強い経営者や幹部を育てるために絶対必要であると信じるもの、それが「経営計画書」。

この経営計画書を社長が自ら作ることで、想像以上のメリットがもたらされます。
経営計画書を作りたいとは思う。しかし、結局は作らないし、作れない。
そう思うのはあなただけではありません。
まずは古田土会計の生の経営計画書をぜひ一度ご覧になってください。

基本方針

  • 経営理念(志)
  • 事業の基本概念
  • 長期事業構想書
  • 長期事業計画、将来のあるべき姿・未来像
  • 今期経営目標
  • 2001年より2010年までの実績決算に関する方針

個別方針

  • 商品・サービスに関する方針
  • 営業に関する方針
  • 新規開拓に関する方針
  • お客様に関する方針
  • お客様への正しい姿勢
  • クレームに関する方針
  • 新規事業に関する方針
  • 採用に関する方針
  • 教育・訓練に関する方針
  • 決算に関する方針
  • 固定資産・資金運用に関する方針
  • 内部体制に関する方針
  • 無言のクレームに関する方針
  • ライバルに関する方針
  • 環境整備に関する方針
  • 所員の未来像
  • 諸手当マニュアル
  • プロジェクト計画書

諸表(別冊)

特典2 古田土式 月次決算書データ(10,800円相当)

  • 売上高等三期比較グラフ
  • 年計グラフ(売上・粗利・固定費)
  • 経常利益年計グラフ
  • 月次コメント
  • 未来会計図表
  • 月次推移損益計算書
  • 三期比較損益計算書
  • 合計残高試算表(損益計算書)
  • キャッシュフロー計算書(期間)
  • 合計残高試算表(貸借対照表-期間)
  • キャッシュフロー計算書(累計)
  • 合計残高試算表(貸借対照表-累計)
  • 資金別貸借対照表
  • NEW資金別貸借対照表

特典3 経営計画作成支援マニュアル (3,240円相当)

経営計画書(利益計画)の作成要領を具体的に解説した作成マニュアル。(全151ページ)

  • なぜ経営計画をつくるのか?
  • 経営計画作成のまえに・簡単な予備知識
  • 利益計画の作り方・販売計画の作り方
  • 資金繰計画の作り方
  • 方針書・活用・事例集
  • 社内評価基準をつくる

特典4 利益計画作成支援セットデータ (54,000円相当)

  1. 利益計画作成ツール一式
  2. 月次決算チェックリスト データ 年間を通じお客様の業務内容について確認すべきことを項目化した古田土会計の所員が実際に使用しているチェックリスト。
    月次と決算の際に、職員のミスを防ぐ完全リスト。

内容

  • 表紙(会社情報、チェックの進捗確認欄等)
  • 事業形態記載欄
  • 仕入形態記載欄
  • 1ヶ月目確認 全9項目
  • 3ヶ月目確認 全10項目
  • 4ヶ月目確認 全2項目
  • 5ヶ月目確認 全6項目
  • 決算前検討会 事前確認事項
  • 節税対策チェックリスト 全37ポイント
  • 利益対策チェックリスト 全23ポイント
  • 予測所得シミュレーション
  • 簡易課税シミュレーション
  • 本当の利益算出シミュレーション
  • 決算チェック チェックポイント 全24項目
  • 貸倒引当金 設定額確認シート
  • 決算整理仕訳確認シート
  • 利益額検討シート
  • 相互チェックポイント 全5項目
  • 決算申告書チェックポイント 全31項目
  • その他決算チェックポイント 全6項目

まとめますと…

内容 価格
古田土会計の経営計画書 10,800円
古田土式 月次決算書データ 10,800円
経営計画作成支援マニュアル 3,240円
利益計画作成支援セットデータ 54,000円
合計 78,840円

総額78,840円の4つの特典を差し上げますから、あなたの負担は実質180,360円です。月約15,000円の負担です。

月次決算書徹底講座に今すぐ申し込む

本講座の上手な活用方法

前述したように古田土会計の社員は、何度も何度も代表の古田土から月次決算書の活用法を繰り返し繰り返しレクチャーを受けたために、担当者全員が中小企業経営者の参謀役として活躍できています。つまり、講座を1回しか聞かなければ、古田土が話している本質を理解することができないまま終わってしまいます。

ですから、月次決算書徹底講座の理想の活用方法は、

  1. 会場にて直接古田土本人の講義をライブで体感し、お客様との関わり方を実感する。
  2. その後、事務所または自宅で古田土の真似ができるほど何度も何度も繰り返し映像をみる。
  3. 不明点を会場またはメールにて直接質問する。

また、古田土は、年間を通じて同じ話をすることがあります。
しかし、決して「その話は聞いたことがある。」で済ませないでください。
なぜ繰り返しているというと、それこそが参謀役になるための本質であり、お客様に話をするポイントだということです。数回聞いただけでは分からないでしょうけども、何十回もも聞いていればいつか真に「そういうことか!」と腑に落ちることがあります。「また繰り返している…」と思った瞬間にあなたの前向きに学ぼうとする思考能力は停止してしまいます。

古田土会計の社員でも、同じ内容を繰り返し繰り返し主体的に学んだ者こそが幹部として今現在活躍しています。

あなたはいつ、参謀役への道を歩みますか

もしあなたが、今までに古田土 満と出会っていなかったとしたら、あなたの人生には、あなたの知らない大きな可能性がまだまだ残っています。そしてあなたは、月次決算書徹底講座に参加することで、その未知の可能性を、大きく開花させることができます。

あなたは今、人生の岐路に立っています。今から1年後、あなたは今と全く変わらない状況かもしれないし、大きくステップアップして、笑顔で新しい世界に立っているかもしれません。選択はあなた次第です。

あなたはいつ、自分の力に目覚めますか?今回のチャンスを逃したら次はいつ、あなたが本当に求めている経験ができるのでしょうか……

月次決算書徹底講座に今すぐ申し込む

先輩受講生に続きましょう!月次決算徹底講座受講生の声

私が古田土会計の門を最初にたたいたのは、開業12年目、平成14年のことでした。
当時、生駒会計事務所は、年商1.5億円、社員数24名(内パート4名)香川県では中規模クラスの事務所でした。
以前より、会計事務所の立ち位置に疑問を抱いていた私は、古田土先生の月次試算表、経営計画書を通して、お客様を幸せにする考え方、また、社員に働く意味を教え、また、社員を大事にする方針に多大なる感銘を受けました。
それから、5年後の平成19年に6ヶ月間に渡り、古田土先生から経営ノウハウを教えていただきました。
現在、私の事務所は年商3億円、社員数48名(内パート19名)を抱える香川県でも有数の事務所に成長しました。
これも古田土先生からご指導いただいたからに間違いありません。

生駒学税理士事務所 生駒 学 様(香川県)

参謀役古田土会計版の説明技術を向上させたいと思い、会計事務所支援塾に加入しました。 最初は時間がないと言い訳して、見ていないDVDが引き出しに溜まりました。 見だすと、そのままお客様に使えることが多く、今では到着したらすぐに見ています。 今では、大阪のセミナーにも通っています。 古田土先生の話しを聞いてると、不思議ですが、お客様と社員のために頑張ろうという気持ちになります。 そういったエネルギーを頂ける気がしています。
大きな成果は3つです。
1つ目は、お客様から「お金の説明がよくわかる」と言われるようになったこと。
資金別貸借対表を説明できるようになったことで、未来の貸借対照表がお客様と一緒に考え、造れるようになりました。具体的にはサイト負けしているお客様、不動産や機械などの投資をしたがるお客様、むやみやたらに節税したがるお客様、不動産売却を考えたことがないお客様、借入金の返済期間が大事だと理解できていないお客様。そういう方たちがP/Lだけでは説明できないことがあることを気付いてくれます。
2つ目は、自分以外の人ために仕事をする気持ちが芽生えたことです。
これは想定していなかったことで、支援塾で古田土会計の経営計画書を教えていただいたので、事務所の経営計画書を作成(古田土会計さんのパクリ)して、その話をしてると本当にそう思うように洗脳されました。
久しぶりに会う方には「なんか、変わりましたよね」なんて言われることもあります。「どう変わりました」と尋ねたら、「どう言っていいのかわからないけど、人間味のある人に変わった。前は損得ばっかり言う人やった」と言われたこともあります。うれしい変化です。自分だけでは変われなかったと思います。
3つ目は、意欲のある社員の技術が向上します
支援塾のホームページから見える動画があって、あまり説明ができない社員でも新入社員向けのビデオは好評です。自宅でも見ているようです。
以下は見ている社員のコメントです。
「支援塾は自宅で自由にまた繰り返し見ることができるため、助かっています。また、丁寧な説明をしていただけるので、初心者の私でもわかりやすいです。質問されている場面では、もし私がその場に居ると・・・という緊張感を感じることもありますが。お客様を元気にする、そして喜んでいただけるのは素晴らしいことです。支援塾で学び、そうできる会計人に近づきたいです。支援塾の講座をどこででも受講できる貴重な機会を与えていただき、感謝しています。ありがとうございます。」
加入の目的は、私がお客様に数字を伝える技術を向上させることでした。
が、想像以上です。ありがとうございます。

宮本税理士事務所 宮本 和雄 様(大阪府)

①元気と②電卓を使った未来会計の月次決算!!
壇上で古田土先生、吉田専務が講演される姿は私たち会計事務所が顧問先の中小企業の経営者の方々に説明すべきお手本です。
①中小企業の経営者に元気になってもらうには、まず説明する会計事務所・所長・職員が元気でないといけない。
②過去の数字だけを説明した過去会計志向の月次決算では、前向きな考えができず、元気になりません。なぜ利益が必要なのか、その利益を稼ぐためには売上・変動費・固定費のどれに手を加えたらいいのか。電卓を使って数字の意味を知ることができます。
このセミナーに参加して、会計事務所が元気になり、中小企業も元気になるのは間違いありません!!

ひょうご税理士法人 妹尾 芳郎 様(兵庫県)

よく頂くご質問にお答えします。

Q.受講はいつからでも良いのですか?

A.

いつからでも構いませんが、「サポートの関係上」と「特典は先着順」という2つの理由でお早めに申し込まれることをお勧めします。
本「月次決算書講座」の内容は、1年周期で同じテーマを繰り返し説明しますがサポートの関係上200会計事務所を限度とさせていただいています。
また、現在早期申込特典を差し上げておりますので、ご興味ある方はお早めにお申し込みされることをお勧めします。

Q.実力的についていけるか心配ですが、
フォロー制度はありますか?

A.

もちろんあります。
東京または大阪の月次決算書講座には、講師古田土または吉田はもちろん古田土会計の社員も控えています。決して遠慮せずに質問をしてください。メールでも構いません。
あなたの成果こそが、われわれの成果です。

Q.1度だけでも試しで受講してみることはできますか?

A.

可能です。
1回の受講につき10,000円(税込)で受講可能です。
月次決算書徹底講座 事務局までメールまたはお電話にてご連絡ください。

shienjuku@kodato.com または 03-3675-4932 事務局まで)

※正規会員以外には、上記特典がないことはご了承ください。

Q.途中で退会したいときはどうすれば良いですか?

A.

退会される旨をメールでお知らせください。
shienjuku@kodato.com」までに 「退会のお願い」と題して、以下の内容をご記載いただきましたら速やかに退塾の処理をさせて頂きます。

  1. 貴事務所名(またはお名前)
  2. 最終の動画配信画面へのログイン希望日
  3. 返金希望口座
  • ※1 会費の払い方は、自動振替なので処理が間に合わない際は、後日返金させて頂きます。
  • ※2 本講座申込みは1年間の継続受講が条件となっておりますので、1年を経過するまでの退会のお申し出に関してはお受けできないことをご了承ください。

Q.事務所単位ではなく、個人単位でも申し込みできますか?

A.

全く問題ありません。今までにも数名の方が個人でお申し込みされていらっしゃいます。
もちろん個人情報保護法にのっとりあなたの個人情報はお守りします。

Q.会計ソフトはどれが良いとか関係ありますか?

A.

古田土会計の基幹ソフトは弥生会計です。
また、古田土式 月次決算書を出力するにあたっては、「参謀役 for 弥生会計 古田土会計版」を購入していただく必要があります。
しかし、持っていらっしゃらない会計事務所様向けにはエクセルで補完できるようにサポートさせていただいておりますので、月次決算書徹底講座 事務局までお申し出ください。

ちなみに、差し上げるエクセルデータは、「年計グラフ」、「未来会計図表(ストラック図表)」、「キャッシュフロー計算書」、「資金別貸借対照表」の4点です。

Q.講座には何人まで参加できますか?

A.

1事務所から4名様までご参加いただけます。
ですから、それ以上の方が参加されたい場合は、配信する映像にて学んでいただけますようお願い致します。

月次決算書徹底講座に今すぐ申し込む